スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本文明とシナ文明


イギリスの歴史学者アーノルド・トインビーは昭和34年にその著書「歴史の研究」の中で、21の古代文明があり、これらの文明は5つの元になる独立文明とその周辺に派生した衛星文明からなると説いた。

そして、東アジアでは数千年前から独立文明のシナ文明が一人「親文明」として先行し、日本に文明が登場するのは、645年の大化の改新以降でこの頃にシナ文明から唐の律令制を取り入れ、政治が誕生し、文字を使うようになり、また大乗仏教を取り入れ各地に国分寺を建立したという。

このトインビーの説から言うと、シナが親で日本は子ということになる。
そして、この説は戦後共産思想を有する人や日教組にとってバイブルのような学説となり、私も学校ではそのように教わった。

しかしながら、私は約40年の社会人生活で勤務の関係で中国人を始め多くの国の人たちと親しく交流を持ったが、宗教観、食生活、価値観、ものの考え方等において日本人は全く異なる文化圏の人種ではないかと疑問を持つに至った。

トインビーがいうシナの数千年前の文明は「黄河文明」と思うが、日本では約1万5千年前の土器が発見された遺跡もある。

日本には大化の改新以前に、朝廷や都市、神道も存在し、この時すでに天皇制があり文化、政治体制も確立されていたのは疑いがない。

勿論、日本はシナや東南アジアから様々な文化を取り入れているだろうが、その本質は独立した日本文化であることに疑いの余地はない。

料理も中国料理と日本料理はお互いに影響されてはいるが基本的に全く異質であるように思う。

私が学生時代に教わった「世界4大文明」は、メソポタミア、エジプト、インダス、黄河文明であったが、現代歴史学では「世界4大文明説」は既に否定されている。

そしてこれらの説は国民のアイデンティティ、愛国心の向上の目的で政治的利用されたという学者もいる。

更に、現代の世界の文明については、サミュエル・ハンチントンの「文明の衝突」によると、次の8つに分類されるそうです。

① キリスト教を基礎とする文明(西欧・北米)、
② 東方正教文明(ロシア・東欧)
③ イスラム文明
④ ヒンズー文明
⑤ 儒教を基礎とするシナ文明
⑥ カトリックと土着文化を基礎とするラテン・アメリカ文明
⑦ サハラ南部のアフリカ文明
⑧ 日本文明

この8つの文明の中で、日本文明だけが、一国一文明です。

つまり、日本文化だけが文化を他の国と共有しない独立文化です。

従って、日本文化がなくなるということは、日本が滅ぶということに外ならない。

つまり、ハンチントンがいうように、同じ文化圏の国は提携するが、他の文化圏とは相いれません。それは現代世界の戦争、紛争の実態でも証明されています。

日本は、戦後アメリカと緊密な関係を保ってきたが、日本の地理的な位置は、東アジアであり、そして最近では中国が海上権益の獲得に具体的な行動を起こしてきた。

それぞれの文化圏は、互いに独立し、相いれない独自の価値観やアイデンティティで存在しています。

個人レベル、経済レベルでいかに親密になっても、国家レベルになると、文化を維持存続させるか、失って属国化するかの選択肢しかないのが現実の世界です。

日本文化の世界的に誇れる特徴は、共存共栄、集団の和の精神、理念です。つまり、日本だけが日本文化を維持しつつ他の文化、文明を全て受け入れることのできる文化であり人種であるということになります。まさに世界平和の核になる文化、人種と言っても過言ではありません。

これはまさに現代の世界に最も必要とされている役割であると思う。


どこかの政党のように「友愛」や「リベラル」の迎合的な謳い文句では現代世界の中で、このすばらしい日本のアイデンティティを活かし、日本にしかできない役割を果たすことはできない。

世界の文化圏の衝突の緩衝材、背着材的な役割が日本には求められており、そのためにも日本国民一人一人が日本人としての自覚と誇りをもって他国の侵略に対しては断固としてこれを排除し、日本の文化を守り、行動することが現代の日本人に与えられた使命であると考えるこの頃です。


 ブログランキングに参加しました。良かったらここをクリックしてね!


人気ブログランキングへ

郷什塾は → ここから訪問できます!



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : おもうこと
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

和を以て尊しとなすの言葉通り日本人のDNAには、「平和」が深く組み込まれていることは確かだ。我が国の有史上で戦国期と20世紀上期の一時期に争いが行われたが、その不幸な数十年を除けば、穏やかに稲作文化をもって社会を形成し、独特の文化を築き、育んできたことはどなたにも異論がないだろう。
まだまだ駆け出しの頃、聖徳太子関連の書物を読み漁った記憶があり、思い出す限り、「平和」は、人々が等しく禾つまり穀物を口にできる様を表すという。
一方英語のPEACEは、ギリシャ語であったか、語源からして硬い岩つまり、たたいても壊れない頑丈な守りを表すという。戦いと戦いの間に生まれた休戦状態が西洋文明でいうところの平和という概念だと中学生のころに学んだ記憶がある。
ここに来て、領土問題で隣国とぎくしゃくした状態が発生しているが、他人の物を破壊せず、無用に戦わず外交で解決する政治的決着が望まれるところだ。民主党政権は1年前に圧倒的多数の国民の意思によって生まれただけにその責任は重い。
選んだ国民の責任も同様だ。
今こそ日本国民として、世界の中のこの国の在り方を誰もが考える時ではないか。
こんなにわれわれ国民は「平和」を謳歌している一方で、1年間に200回を超える領空領海侵犯がなされ、その都度自衛隊機によるスクランブル発進が行われていることはご存じであろうか。少しひやっとされた方もおられるかもしれないが、このことも自らの「平和」問題意識の一片に加えて欲しい。
平和は地球上のすべての人類が協働して守るものだ。

フリーエリア

プロフィール

tabigasadochu

Author:tabigasadochu
定年憂国親父は海自現役時代、旅傘道中姿で老人ホームを慰問し歌と寸劇を披露していました。
定年憂国親父のライフワークであるフリーWEB塾「郷什塾」もよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
行進曲「軍艦」百年の航跡
海上自衛隊元東京音楽隊長の瀬戸口藤吉翁と軍艦マーチのライフワークとしての研究成果の集大成
海軍軍楽隊と歩んだ日本の吹奏楽
日本吹奏楽の元祖、瀬戸口藤吉翁の行進曲全集 特に最後の翁の講演録音「音楽と国民精神」「音楽と戦争」には感動します!
タッポーチョ 太平洋の奇跡
サイパン戦を経験した日米両軍人による合作ともいえる名著、    2011年の映画上映に合わせて復刻された玉砕の島サイパンであった 日本軍人の本質が見てとれる感動の戦史話
サイパン戦 大場大尉に関連した本
タッポーチョには劣るがサイパン戦に係わる書籍
大奥<男女逆転>豪華版
フリーWEB塾「郷什塾」
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーWEB塾「郷什塾」


定年憂国親父が本を出版しました。
「人を動かすリーダーの条件」(KKロングセラーズ)
トピックス
1円も使わずにマイルを貯める方法
無料ウェブセミナー
ロリポップレンタルサーバー
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2ショッピングカート(お勧め)
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
1370位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
初心者マニュアル
100位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブックマーク
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Flashリバーシ
by mitti0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。