FC2ブログ

海自US-2救難飛行艇クリューBZ(ブラボーズール)・見事なり! 荒天下の海難救助(辛坊治郎キャスター)


下の写真は小型ヨットで平洋横断中、浸水によりヨットを放棄し、救命ボートで漂流中海自の救難飛行艇US-2により救助され、厚木基地に帰還した辛坊氏と全盲のヨットマン岩本氏である。

2人は海上自衛隊の正式の作業用防寒衣を着けている。現役時代の約25年間の海上勤務において私も愛用した防寒衣であり非常に愛着を持っている。2人が海自の作用用防寒衣を着て心から安堵していると思ったのは私だけであろうか?

辛坊氏は記者会見において「気力はあるし、食料も水も1週間くらいは大丈夫という読みはあったが、体温が下がって明日までもつかという思いがありました。」と当時の状況を振り返り、

ボートのエンジン音が聞こえた時に、「“あ、帰れる”もうその一言で、こんな言い方がいいかどうか分かりませんけど、この国の国民であって良かったなと思いました。」と声をつまらせていた。




いずれにしても、辛坊氏、岩本氏ともに救助されて良かった。また何よりも着水条件を超える荒波の中、エンジン1発は波により使用できなくなったものの無事に遭難者を飛行艇内に収容し、離水できたことは飛行艇クリューの練度の高さと幸運が重なった結果であろうと思う。


経過を整理してみた。

・ 午前7時35分: 辛坊氏から携帯衛星電話で事務所に緊急連絡「右舷から浸水あり。船体放棄しかない」

・ 午前8時1分: 再び辛坊氏から「船体を放棄し救命ボートに乗り移った。2人は大丈夫」と連絡が入った。

・ 午前11時44分: 通報を受け現場に向かった海上保安庁の航空機が、ボートの2人を確認した。現場は宮城・金華山の南東約1200キロ付近。

・ 午後2時ごろ: 海上保安庁から要請を受けて派遣された海自救難飛行艇が現場着。約1時間上空にとどまったが、波が高いため着水できず、燃料切れで引き返した。

・ 午後6時15分ごろ: 海自があらためて派遣したUS-2が2人を無事救出した。現場は雨が降り、救助時の波の高さは3~4メートル、風速16~18メートルだった。

本当に今回の救助行動は絶賛に値し、見事なり/BZ(ブラボーズール)である。

荒天下の危険な救助活動は私も何回も経験したが一瞬の油断も許されない極めて危険な作業である。

風浪は息をしているかのごとく強くなったり弱くなったりするが、飛行艇クリュー及び飛行艇から発進した救難ゴムボートのクリューも自然のこの息づかいに溶け込み、自然に逆らわず任務を達成したものであろうと確信できる。

救難飛行艇US-2の前身はUS-1、その前はPS-1という対潜飛行艇であった。
対潜水艦戦のための重い機器や武器を搭載していたために事故も多かった。

対潜哨戒機 PS-1
ps-1

救難飛行艇 US-1
us-2


事故により殉職された隊員も多い。私の親しい防大の同期生も約30年前に殉職した。

US-1の今回の活躍に初期の国産PS-1から訓練飛行や実行動で殉職された多くの先人、同僚の功績に思うところが多々あった1日であった。

-------------------------------

賛同の方はクリックお願いします!


人気ブログランキングへ 郷什塾は → ここから訪問できます!





 

スポンサーサイト



DJポリスと若者・・両者に拍手!


サッカー日本代表がW杯出場を決めた2013年6月4日には渋谷のスクランブル交差点や大阪の道頓堀でまさに若者が歓喜の発狂という様相であった。

そのような中、現在ネットの世界にとどまらずテレビ報道でも大きな注目を集めている警察官がいる。



上がその動画であるが渋谷のスクランブル交差点に集まった大勢の歓喜で爆発しそうな若者サポーターをまさに華麗なトークで誘導し、負傷者ゼロ・逮捕者ゼロという快挙に貢献した。

それにも増して嬉しかったのは、爆発寸前の若者たちが暴れるどころか、お巡りさんコールを始めたことである。


彼の呼びかけ誘導ぶりは動画としてYOUTUBEなどに多数UPされ、そのユニークかつ軽快なトークから現在彼はネット上では「DJポリス」と呼ばれている。

彼のネット上の評判は警視庁にも届き、警視庁も彼の活躍を評価して「警視総監賞」の授与を決定したとのことである。

そして、ねっと上では

「功績はきちんと評価されるべき。警視庁もナイス」
「頭の柔らかいお巡りさんが増えて欲しいな」
「警察も粋な表彰するもんだ♪」
「私もこの機動隊員のトーク、すごいなって思ってた」
「今日も日本は平和やな(笑)」
「すごい!すごい!次回の出動に注目集まりそうだね!」


等々その反響も大きい。

ちなみに、このDJポリスは「ご協力いただいた通行人の方々に感謝しています。」と控えめにコメントしていたその姿も印象的であった。

頑張ろう!日本!
負けるな!日本!
-------------------------------

賛同の方はクリックお願いします!


人気ブログランキングへ 郷什塾は → ここから訪問できます!





 

侍JAPANに見た大和魂!本田選手のコメントにW杯優勝を確信した。



サッカー記者会見
W杯出場決定記者会見に臨んだ選手たち。本田(左端)のコメントで笑いが起きるなど、会見は和やかな雰囲気で行われた【スポーツナビ】

W杯出場が決定したオーストラリア戦の後記者会見に臨んだ選手たちのコメントは過去の雰囲気と違い極めて真剣で気迫のこもったものであった。今回の日本チームは本番のW杯で優勝するであろうという確信に至った。

本田選手
最終的に試合を決するのは個の力だと語る本田。個の力を上げることをチームメートにも求めた【スポーツナビ】



本田選手に記者が「W杯優勝、そしてコンフェデ杯優勝を目標にしているが、チームとして、そして個人として何が必要か?」と質問したところ、

本田選手は「 シンプルに言えば個だと思います。個というのは、昨日GKの川島選手がしっかりと1対1を止めたところをさらに磨く。

今野(泰幸)選手がケーヒルに競り勝ったところをさらに磨く。(長友)佑都と(香川)真司がサイドを突破したところ、そこの精度をさらに高める。

ボランチの2人がどんな状況でも前線にパスを出せるように、そして守備ではコンパクトに保ち、ボール奪取を90分間繰り返す。岡崎選手や前田遼一選手が決めるところをしっかり決める……。

 結局、最後は個の力で試合が決することがほとんどなので、むしろ日本のストロングポイントはチームワークですが、それは生まれ持った能力なので、どうやって自立した選手になって個を高められるかというところです。

自分が前に出るという強い気持ちで集まっているのが代表選手だと思うので、この1年短いですが、考え方によっては1年もあるとも言えます。

真司や佑都みたいにトップクラブでやってる選手もいると思いますし、ただそうでない選手もいます。でも、そうでない選手もやれることはあると思います。

そこを今野選手みたいに憧れみたいな気持ちでいられると困りますが、同じピッチに立っていますし、大先輩なんでそこはアドバイスをくれればと思っています。」と答えた。

本田選手のコメントは流石の一言であった。

彼は海外のチームでの必死の努力の成果で日本代表のエース格に返り咲いたといって良いが、日本と海外のクラブチームでのプレー経験を通じ、日本人が普遍的に持っているチームワーク・和の精神が如何に素晴らしいかを理解た。

今までは日本人特有のチームワークの総合力で世界の競合と戦ってきた。
チームの戦力=チームワーク×個の術力 であるのは異論のない理論である。

私が過去勤務した海自の護衛艦の戦闘チームもまさに装備×チームワーク×個の術力で決まった。

同じ装備のイージス艦で日米が共同訓練やミサイル発射訓練等を行うが、成績は同等(やや海自が上)であるが、

ミサイル射撃等に際してトラブルがあった際の対応、任務の達成ははるかに海自が上である。

これは私の持論であるが、イージス艦の戦力発揮に関する基本的な個の力、チームワークは変わらないが、トラブル等が発生した場合の対応力には大きな差が出てくる。

これがまさに日本人特有のチームワークであり、チームの誰かのミス、錯誤或いは機器のトラブルを個人や整備担当者の責任にするのではなく、チーム全体の責任とする連帯精神、心の持ち方が本来の日本人にはDNAとして生まれながらに持っている和の精神でありチームワークである。

つまり、日本人特有のチームワークはお互いに強点を出し合って補い会うものであり、自分の持ち場を守ることに専念してシステムが動くチームワークとは本質的に異なるものである。

今回の本田選手のコメントには、サッカー日本チームが世界に勝つには個の力の更なる向上が必要であり、それをチームとして最大公倍数に発揮するチームワークは日本人は生まれながらに持っているという本質を明言し他の選手に訴えていた。

彼のコメントにより、他の選手も個の力の向上と日本人が生まれながらに持っているチームワーク力の素晴らしさと個の力の来年6月の本大会までに最大限向上させる決意をした様が感じ取られた。

来年のW杯優勝は夢ではなく現実となると確信した。

やはり、日本文化、日本精神はすばらしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-------------------------------

賛同の方はクリックお願いします!


人気ブログランキングへ 郷什塾は → ここから訪問できます!




フリーエリア

プロフィール

tabigasadochu

Author:tabigasadochu
定年憂国親父は海自現役時代、旅傘道中姿で老人ホームを慰問し歌と寸劇を披露していました。
定年憂国親父のライフワークであるフリーWEB塾「郷什塾」もよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
行進曲「軍艦」百年の航跡
海上自衛隊元東京音楽隊長の瀬戸口藤吉翁と軍艦マーチのライフワークとしての研究成果の集大成
海軍軍楽隊と歩んだ日本の吹奏楽
日本吹奏楽の元祖、瀬戸口藤吉翁の行進曲全集 特に最後の翁の講演録音「音楽と国民精神」「音楽と戦争」には感動します!
タッポーチョ 太平洋の奇跡
サイパン戦を経験した日米両軍人による合作ともいえる名著、    2011年の映画上映に合わせて復刻された玉砕の島サイパンであった 日本軍人の本質が見てとれる感動の戦史話
サイパン戦 大場大尉に関連した本
タッポーチョには劣るがサイパン戦に係わる書籍
大奥<男女逆転>豪華版
フリーWEB塾「郷什塾」
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーWEB塾「郷什塾」


定年憂国親父が本を出版しました。
「人を動かすリーダーの条件」(KKロングセラーズ)
トピックス
1円も使わずにマイルを貯める方法
無料ウェブセミナー
ロリポップレンタルサーバー
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2ショッピングカート(お勧め)
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
508位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
初心者マニュアル
43位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブックマーク
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Flashリバーシ
by mitti0