FC2ブログ

馬鹿丸出しのTBSサンデーモーニング / 石原都知事辞意に対する執拗なバッシングに見える日本的左翼思想


石原都知事

石原都知事が辞職し国政復帰する記者会見を行った後の週末、各メディアの報道に興味を持ち視聴したがTBSの「サンデーモーニング」はホントに馬鹿丸出しでお粗末な内容だった。

もともとサンデーモーニングは過去、現在をも否定し未来像も示さない典型的な日本的左翼思想で構成される番組であり、私は昔から反面教師的な感覚で良く見ていた。

しかし、今回だけは、よくもまあ、これだけのコメンテーターを集めたものだと感心というより呆れてしまった。

そしてこの国難の時期にこれだけの偏向報道ができるものだと今更ながらテレビ局の慇懃無礼、傍弱無人な性格を思い知った。


これがコメンテーターの馬鹿丸出しで不愉快な発言の映像である。




石原都知事辞任記者会見を取り上げた各コメンテーターの発言の要旨、流れを紹介すると、

関口

まず、司会役の関口宏氏が次のように切り出す。「まぁ思い切ったことを言うね、すぐに行動するって雰囲気に見えますから、まぁ人気の高い人なんだと思いますけれどね、こうやって振り返ってみると、功罪何だったんだろう、都知事として。えーまぁ・・排ガスは確かに東京都民にとっては良かったよねぇ。でもその他の事はどうだったんだろうな~、皆さんはどういう風に受け止めてらっしゃいますか。」

浅井

国際政治学者 浅井信雄氏: 石原都知事の尖閣購入問題で日中両国に打撃があり、戦略的互恵関係じゃなくて互損関係になってしまった。 石原都知事が最初に手を付けたことについて、良かったのかというプラスでない評価が出てきている。

関口氏: 「中国とあまり上手くいかないっていう感じはありますね。」

浅井氏: 基本的に嫌いなんでしょうね。その思いがあまりにも強く出ているので、国の最高ポストを任せていいのか疑問がある。

関口氏: 「河野さんは昔からよく御存じだと思います。」

河野洋平

河野洋平氏: (嘲笑して)僕はね、あの辞職の記者会見を聞き、非常に不愉快だった。諸般の事情に鑑みて辞めるって、諸般の事情って一体何なのか? 自分の都合ですよね。もう自分がここが最後のチャンスだと思うから、都知事のほうは辞めて、国政やると言っているように僕には聞こえた。そして、色々仰っるけれども、もう一方的にアレはダメだ。コレはダメだと自分の意に沿わないのはアイツはバカだと。もうどうしてあんな立派な小説を書く方がね、都知事の会見てのはちゃんとした言葉で、ちゃんと相手の立場も考え、自分の主張も冷静に述べるという事が何故できないのか。だから私は、やっぱり人間的に相当欠陥があるんじゃないかという風に、私は思いましたね。


関口氏: 「議員をお辞めになった時はあれは何が原因だったんですかね、国会議員を」

河野氏: あれはつまり、永年勤続25年の表彰を院議を以てするってんで、みんな本会議場に集まっている時に『俺は辞める』とこういうわけですよね。

関口氏: 「あれは何ですか?」

河野氏: あの時の演説を見ると、何やってもみんな上手く行かないから、ダメだと、みんなだらしがないと

岸井氏: 激烈な国会議員批判をやって

河野氏: やりましたね、それで俺はこんな国会なんかいられないと言って辞めたわけですよね。

関口氏: 「でまた出てらっしゃった?」

河野氏: また出てくるんですねぇ(嘲笑) 


西崎

東京大学大学院教授 西崎文子氏: 非常に特徴的だったのは、次は誰ですかと言った時に、猪瀬副知事で十分だと、途中で辞める人が選挙で選ばれるべき後任人事を口に出すのに違和感があり、日本の政治はそうだったのかと暗澹たる気持ちになる。やはり自分は特別という意識が非常に強い方だと思う。

大崎

大崎麻子氏: 政治に求められるリーダーシップを凄く考えさせられた。人の話を聞くのが基本にあるが、見ていると排除的・威圧的で一方的

関口氏: 「でもただそういう物言いをするから人気がある?」

岸井

岸井氏: まぁそうでしょうね。 過激なところがウケるて言いますかね。ハッキリしてるってところがね。今日、たまたま河野さん、我々メディアから言うと、いつも対極なんですよ、石原さんと河野さんがね。

つまり、かつての自民党の中でも、タカ派右が石原さん。左ハト派を代表するのが河野さんってね、そういう 対極的な存在ではありましたけど、

私、今度、新党作ること自体はそう新しいアレじゃないんですよね。出ては消え、出ては消えでずーっと来てて、ここに来て80歳になってやっぱり自分の一生をどう締めくくるかって事を考えられ始められたんじゃないですかね。

やっぱりなかなか今までいろいろやってきたけど上手く行かなかったけども、やっぱり一貫して石原さんが言い続けてきていることは、戦後の日本人はダメになった。日本もダメになった。

このまま沈没する。それは何故かっていうと、アメリカに押し付けられた憲法と日教組の教育だって、こういうとこから始まるんです。で、もうひとつ付け加えると、中央の官庁・中央官僚制度だと、これをぶっ壊したい。変えたい。これでしょうね。

だからそれをまぁ最後の人生かけて国政嫌悪感に戻ってそれをやりたいという事じゃないですか。そのために色んな勢力を結集したい、やれればですけどねぇ。そういう気持ちを持ったんだろうと思いますね。だからそれは尖閣の領土問題が追い風になったり、あるいは息子さんが自民党の総裁選で敗れましたよね。もしあれが総裁にでもなってたらね、色んな事考える。そりゃなかなか出馬ってできなかったと思います。そのへんが吹っ切れたと、いうようなことが重なったんじゃないですか。

関口氏: 「でも、これによって中央政界がね、相当また動きますわね。」

岸井氏: そうですね、動かざるを得ないでしょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上が石原都知事辞任会見に対するTBSサンデーモーニングのまさにバッシングの状況である。

よくもまぁ、これだけの低レベルなコメンテーターを集めたものである。

河野洋平氏は石原氏の発言を不愉快とし、石原氏は人間的に相当欠陥があるとまで発言している。

馬鹿丸出しは河野氏で、不愉快になったのはこちらである。

慰安婦問題等で弱腰になっている日本政府を作り出したのはあなたではないか、日本人の自虐史観を助長させた「河野談話」そのものではないか。よくもまあ、抜けぬけとテレビにコメンテーターとして出演し石原氏の人格否定が言えるものだ。

あなたの発言は不愉快極まりなかった。また関口氏の石原バッシングを誘導する司会振りにも嫌悪感を感じた。


更に、風をよむのコナーでは、「保守」について取り上げ、若者2人に「保守ってなんですか?」と質問し、「分からない」と答えるインタビュー結果を放映し、保守と革新について各コメンテーターが訳の分からないコメントを連発していた。


彼らのコメントを総括すると、保守とは現状を守る主義であるのに憲法改正などを主張する。 革新は現状を変える主義なのに憲法維持を主張する。若者たちに訳が分からなくなるのも無理はないというまとめであった。

コメントするのもバカバカらしくなる。

保守と革新、右翼と左翼、日本の切り分けは独特であろう。 保守・右翼は現状の維持と過去への回帰、革新・左翼は現状の否定と改革というスキームにとられている感がする。

これは西洋的なスキームであり日本のスキームとは異なると思う。西洋と日本文化の相違、精神文化の相違等により保守、革新の意味合いも異なってくる。


日本的保守とは力を合わせて向上し明るい未来を築くことが根本的な理念であり、このために過去を学び、その教訓を現在に活かし、そしてより良い未来を築くことであろう。

日本的革新とは左翼そのものであり、過去を否定し、現在も否定する。そして未来像も示さず結果的に未来をも否定する。今回のTBSサンデーモーニングの番組構成はまさに日本的左翼そのものの台本、誘導であった。

今こそ、日本的保守・右翼は健全な日本の中道思想であるとの認識が必要である。

保守・右翼というと軍国主義への回帰という印象をマスコミ、学校教育で刷り込まれているが、要は明治維新から戦後までの日本の歴史を正しく理解し、明治維新後の日本及び先人を誇りに思えるか、戦後捏造された悪役日本軍を信じて自虐史観を維持するかで健全な日本的保守・右翼か全てを否定、破壊するだけの革新・左翼に分かれるのではないかと思う。

十字軍の遠征は、ローマ法王庁の異教徒は人ではないという宣言で始まり、欧米による植民地支配も有色人種は異教徒であり人ではないという認識で行われ、唯一日本だけが有色人種として誇り高い民意を示し、欧米の植民地支配、人種差別に対抗してきた。

日本人として生まれたことに誇りを持ち、すばらしい日本の歴史と精神文化を理解して行動すること、これが日本及び世界の平和と繁栄に通じる唯一の道である。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

賛同の方はクリックお願いします!


人気ブログランキングへ 郷什塾は → ここから訪問できます!






スポンサーサイト

テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

自衛隊観艦式 / 心に響いた野田総理の訓示(全文)


観艦式ロゴ
10月14日に開催された自衛隊観艦式に参加する機会を得た。

私が乗艦した護衛艦「いせ」は訓練展示部隊であり、また当日は天候も良くなく航空機の飛行が大幅に取りやめられたものの全体として極めて円滑にスマートに実施された。

一連の行動を見て、海自艦艇、航空機の練度の高さと状況の変化に柔軟かつ適格に対応できる能力の高さをあらためて再認識した。

今回の観閲官 野田総理の訓示はかっての総理の訓示に共通した国を守る崇高な使命に敬意を表するとか国民の負託に応えて欲しいという一般的な内容に比較し、自衛隊の最高指揮官として部隊や隊員に求めることを具体的に示し、総理自身の覚悟も自ら問い正しておられるのではないかと思われる気迫のこもった訓示であり、海自OBとして胸にこみ上げるものを感じた。

マスコミでは五省とか日本海海戦の一層奮励努力せよを引用して旧海軍への回帰等と今後問題になるのではなどと煽っている記事もあるが、私は今回の訓示は事務方が起案したものを総理自らご自分の言葉と信念で大幅に修正された非常にすばらしい訓示であったと思っている。




ここに私が書き起こした訓示の内容(全文)を紹介する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    (平成24年度自衛隊観艦式における野田総理の訓示)

昨年の航空観閲式に続き本日の観艦式において観閲官として多くの隊員諸官に直接訓示をする機会を得たことは最高指揮官たる内閣総理大臣として大いなる喜びとするところです。

本艦「くらま」を中心とする艦艇、航空機の雄姿、統率の行き届いた一糸乱れぬ艦隊運動、そして士気旺盛な隊員諸君の規律正しく真剣な眼差し、今日私はこれを目の当たりにしてこの国に自衛隊があることの誇らしさをあらためて心に刻んでいます。

この観艦式が諸君の日頃の訓練の成果を示し、諸君がその胸に秘めた使命感と覚悟を一人でも多くの国民に知っていただく重要な機会となることを信じて止みません。

海洋国家日本の礎である海、我が国最大のフロンティアである海、我が国の海を守るという諸君の職責は日本人の存在の基盤そのものを守ることに他なりません。

今年は海上自衛隊の前身である海上警備隊が発足してから60年という節目を迎えました。
我が国を巡る安全保障環境はかつてなく厳しさを増していることはあらためて諸君に申し上げるまでもありません。

人工衛星と称するミサイルを発射し核開発を行う隣国があります。領土や主権を巡る様々な出来事も生起しています。

この一方で自衛隊の活躍の場面は我が国周辺のみならず世界各地にまで広がるようになりました。我が国の平和と独立を保ち国民の安全を守るという自衛隊創設以来の使命の核心は不変ですが新たな時代を迎えその使命は少しずつ形を変え重要性を増しています。

このような中にあって、本日は諸君に3つのことを求めたいと思います。

まず、諸君に求めたいのは、「部隊の力を磨きあげよ」という事であります。

新たな時代にあって諸君は様々な新しい任務を与えられ、難しい任務を与えられ、厳しい場面に遭遇することも増えると思います。

これを立派に果たしきる力を平素から養ってください。防衛大綱に従って動的防衛力を構築し磨き上げて下さい。いざという時、何が求められるのかそれぞれの部署で徹底的に検証し訓練に励んで下さい。諸君は単に存在することだけで抑止力となるのではありません。鍛え抜かれ磨き抜かれた諸君一人一人の日々の努力があってこそ防衛力が具体的な裏付けをもっていくのであります。

2つ目に諸君に求めたいのは「果敢に行動する勇気」であります。

かってない状況のもとでこれまで経験したことのない局面、プレシャーを感じる場面に向き合うこともあるでしょう。

しかし皆さんは国家の安全を守る最後の拠り所です。国防に想定外という言葉はありません。困難に直面した時にこそ日頃養った力を信じ、冷静沈着に国のために何をするべきかを考えた上で状況に果敢に立ち向かってほしいと思います。

いつの時にでも局面を切り開く力は、最後は諸君一人一人の勇気にかかってくることを忘れないでください。

そして3つ目に諸君に求めたいのは「信頼の絆を広げていくこと」であります。

先の東日本大震災での災害派遣では、全ては被災者の為にという思いで災害対応に当たった10万の隊員の真心が国民に深い感動を与えました。

被災地で自らは数週間缶飯しかとらず炊き出しのご飯や豚汁を被災者に提供し続けた隊員諸君の心は被災者との心の絆を深めたに違いありません。

また、米軍と自衛隊が共同対処したトモダチ作戦の成功は日米同盟に結ばれた日米両国の絆を固く結びつけました。これからの日米の動的防衛協力を深めていく大きな拠り所となっていくことでしょう。

更に諸君の同僚が遠くソマリア沖アデン湾において海上交通の安全確保の任に当たっていることは我が国の海運に携わる人々との絆を強めるとともに世界各国との絆も深め、日本という国全体への信頼を高めてくれています。

そして厳しく危険な任務を遂行するに当たって常に諸君を支えてくれる他国との絆への感謝の気持ちも常に抱き続けて欲しいと願います。

最後に海軍の伝統を伝える五省をあらためて諸君に問いかけます。

至誠(しせい)に悖(もと)る勿(な)かりしか
言行に恥づる勿かりしか
気力に缺(か)くる勿かりしか
努力に憾(うら)み勿かりしか
不精に亘(わた)る勿かりしか

諸君らはこの五省の問いかけを胸に、国を守るという崇高な使命を必ずや果たしてくれると信じます。

常に国民に寄り添って優しき勇者であり続けてくれると信じます。

今こそ国民の高い期待と厚い信頼に応える自衛隊であるために諸君は一層奮励努力されることを切に望み私の訓示とします。

平成24年10月14日 
内閣総理大臣 野田佳彦
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

賛同の方はクリックお願いします!


人気ブログランキングへ

郷什塾は → ここから訪問できます!




フリーエリア

プロフィール

tabigasadochu

Author:tabigasadochu
定年憂国親父は海自現役時代、旅傘道中姿で老人ホームを慰問し歌と寸劇を披露していました。
定年憂国親父のライフワークであるフリーWEB塾「郷什塾」もよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
行進曲「軍艦」百年の航跡
海上自衛隊元東京音楽隊長の瀬戸口藤吉翁と軍艦マーチのライフワークとしての研究成果の集大成
海軍軍楽隊と歩んだ日本の吹奏楽
日本吹奏楽の元祖、瀬戸口藤吉翁の行進曲全集 特に最後の翁の講演録音「音楽と国民精神」「音楽と戦争」には感動します!
タッポーチョ 太平洋の奇跡
サイパン戦を経験した日米両軍人による合作ともいえる名著、    2011年の映画上映に合わせて復刻された玉砕の島サイパンであった 日本軍人の本質が見てとれる感動の戦史話
サイパン戦 大場大尉に関連した本
タッポーチョには劣るがサイパン戦に係わる書籍
大奥<男女逆転>豪華版
フリーWEB塾「郷什塾」
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーWEB塾「郷什塾」


定年憂国親父が本を出版しました。
「人を動かすリーダーの条件」(KKロングセラーズ)
トピックス
1円も使わずにマイルを貯める方法
無料ウェブセミナー
ロリポップレンタルサーバー
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2ショッピングカート(お勧め)
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
1059位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
初心者マニュアル
88位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブックマーク
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Flashリバーシ
by mitti0