FC2ブログ

尖閣防衛、自衛隊に「平時の領域警備」任務付与を!


プログを始めて南沙・西沙に対する中国の海上覇権確立の経緯と今回の尖閣の中国漁船問題を書いたが、恐れていた通り、民主党政権の前代未聞かつ恥辱的な船長無条件解放という結果となった。あまりにもあきれ果ててしばらくプログを書く気にもならなかった。

このすばらしい日本を身命を賭して守ろうと東シナ海、日本海の正面で毎日緊張を強いられている海自、海保の血の滲む努力に対して言い訳のできない愚かな日本政府といって良い。

戦争は他の手段をもって行う政治の継続というクラウゼビッツの戦争論の基本的な考え方は現代でも生きており、国際的な常識である。そのために戦時国際法、慣習法は今でも国際法、慣習法として歴然と存在する。

世界的に見て自分の国の領海、領空を平時において軍事的な手段で守ることができないのは日本だけであろう。北朝鮮の工作船の日本海事案に際して海上自衛隊に初めて「海上における警備行動」が下令されたが、あまりにも武器使用に制限が多く、工作船を強制停船させることはできなかった。

今回の漁船の衝突事案に関しても漁船に対しては海保の巡視船は発砲しないと日本の官憲を見下しているからこのような事態に帰着したともいえる。

工作船対処の「海上における警備行動(海警行動)」はあくまでも警察行動であり、航空自衛隊が領空侵犯に対して行うスクランブル対処も「領空侵犯措置」という警察行動に外ならない。

海軍や空軍の平時における領海警備、領空警備は国際法、慣習法的にも世界の常識であり、今こそ自衛隊に対する「平時の領域警備」任務を付与する法体制の整備が急務である。

 中国は数年前、鄭和の南海遠征600周年記念行事を盛大に行い、海上覇権確立の具体的な行動を徐々にエスカレートさせてきた。中国海軍の作戦思想は圧倒的な兵力で敵を飲み込むことに変わりはなく、具体的な作戦においても漁船、商船、公船、軍艦を大動員して現代兵器、武器システムを飽和状態にして攻撃してくることは容易に想像できる。

 有事立法で具体的な臨戦態勢をとる前に、自衛隊に対して本来防衛軍が有する「平時の領域警備」任務を付与するとともに自衛隊の弾薬、ミサイルの補充、施設防護、要人防護の強化を図る必要がある。


 ブログランキングに参加しました。良かったらここをクリックしてね!


人気ブログランキングへ

郷什塾は → ここから訪問できます!



スポンサーサイト



テーマ : 尖閣諸島問題
ジャンル : 政治・経済

尖閣問題に思う。: 中国海軍の海洋進出





大阪地検特捜部の決してあってはならない不祥事や尖閣諸島問題で騒がしい昨今ですが、今回は日本政府の冷静かつ毅然とした対応が求められている尖閣問題について、元海上自衛官として過去約35年間に亘り海の守りに従事してきた経験から意見を述べたいと思います。

対中国問題については中国の南沙・西沙における1950年代から現在にいたるまでの紛争を概観してきましたが、とうとう尖閣まで本格的に海軍力を使用するかというのが偽らざる心境です。

詳細はこちら「郷什塾」にも書いています。→ クリック
中国の南シナ海進出の経緯

数年前までの海上自衛隊勤務において、中国海軍の海軍力増強計画及び海軍戦略について公刊文献等で研究していましたが、中国海軍は約20年ほど前から、明らかにマハンの「海軍戦略」思想を取り入れ、この思想に基づき着実に海軍力を増強してきました。

この増強の過程は私が護衛艦艦長、隊司令等の海上部隊指揮官の期間であり、日本周辺海域における中国海軍の活動を目の当たりにしていました。

当時、ここ数年で装備、システム及び部隊作戦能力の面においても米海軍及び海上自衛隊のレベルまで達するだろうと予測していましたが、まさに予測が現実になり大きな危惧の念を持っています。

尖閣諸島での中国調査船の海底資源調査、海軍の対潜水艦作戦に必要な海洋音波伝搬調査等の諸活動は海底資源の獲得とこれを保障する海上防衛態勢の構築が目的であったことは容易に推察できます。

中国海軍の海上防衛ラインは第1列島線(大陸棚:日本~東シナ海~フィリッピン~ブルネイ~ベトナムに至るライン:Sea Control Areaと呼ばれていた。)と第2列島線(日本東方海域~グアム~フィリッピン沖に至るライン:Sea denial areaと呼ばれていた。)の2つからなっており、Sea Control Areaはまさしく完全に制海権を獲得し完全な支配下に置く海域であり、Sea denial areaは相手の海洋利用を阻止する海域と位置付けていた。

中国海軍の防衛ライン

現在、南シナ海はほぼSea Control Areaとなっており、次に尖閣諸島を領有化すれば第1列島線は文字通りSea Control Areaとして確立でき、海底資源も完全に獲得できることとなる。

昨年の大艦隊の太平洋進出及び海自護衛艦に対する哨戒ヘリコプターによる異常接近挑発行動にみられる通り、中国海軍は第2列島線のSea denialに関してもほぼ自信を得つつあると見て良い。

残りは尖閣諸島のみであり、尖閣諸島の実行支配ができれば第1、第2列島線の防衛ラインを確立できる状況であり、単なる領土問題などと楽観するのは危険である。

特に第1列島線内においては両用戦(Amphibious operation: 陸・海・空統合の上陸・阻止作戦)において日米共同部隊に対抗できる自信を獲得したと思わざるを得ず、また民主党政権の各省庁官僚、米国との冷めた関係に乗じた戦略的な挑発、探り、威嚇行動と捉えて良いと思う。

中国は100年単位で長期戦略、計画を立案し、実行する歴史を有する民族であり、また作戦も赤壁の戦い、鄭和の約600年前の約200隻の大艦隊による中東、インド、アフリカまでの大遠征に見られるような大部隊の戦術が常套手段であり、近代戦においても管轄下の大商船団、漁船団を有効に活用した作戦を行うことは容易に想像できる。

国防に身命を賭する気概が脈々と継承されている後輩の海上自衛官をはじめ日夜有事に備えて厳しい勤務に従事している自衛官は、間違いなく世界一の練度を有する防人であると今でも自負しているが、戦争を最も嫌う日本人であることも確信している。

尖閣問題については尖閣事変に発展させないように日本政府だけに任せるのではなく、日本国民全てが関心を持ち、冷静かつ毅然とした態度をとることが最も肝要な時であると思います。
-------------------------------




 ブログランキングに参加しました。良かったらここをクリックしてね!


人気ブログランキングへ

郷什塾は → ここから訪問できます!



初めまして!プログ開始のご挨拶:郷什塾の目標達成を期してのWEB勉強



はじめまして!
この度初めてプログを始めました定年憂国親父です。

礼節、義を重んじる鹿児島県の大隅半島の美しい自然と温かい人情の田舎町に生まれ、地元の高校を卒業後、防衛大を経て海上自衛隊に入隊、約35年に及ぶ幹部自衛官としての勤務を終え、民間企業に再就職して奮闘中の弱冠59才の若輩者です。
海上自衛隊においては、専門は砲術(射撃)、ミサイルシステムの船乗りで約35年の勤務期間中、艦艇勤務(砲術長、艦長、司令等)が約20年、陸上(海幕、統幕等)が 約15年で、若い時代に砕氷艦「ふじ」で南極にも2回行きました。

3尉遠洋航海南極大陸SM-1

また、艦隊幕僚、海幕勤務等においては、多くの重要な事案、事象に関与できた幸運な勤務でした。海自を定年退職後は防衛省とは無縁の中小企業に入社し、社員教育、組織構築を主体に益々元気に働いております。

約35年間に及ぶ海自勤務で、身命を賭して国を守る意識と気概がしみ込み、また厳正な規律と確実な指揮、命令系統の中で生活した人間にとって、民間企業勤務は日々新鮮である反面、組織として、人間として、チームとして、リーダーとして、多くの問題が見えてきました。

海自での教育、民間企業での社員教育を通じて得た多くの教訓等を日本の若者や社会人に伝え残したい思いでWEB作成の勉強を始めようやくホームページを作成するに至りました。

そのHPは郷什塾ロゴ URL ; http://gozyu.comです。まだまだ公開できるレベルではなく鋭意充実に努力中です。

この塾の目的は昨今日本人が特に弱くなったチームワーク・リーダーシップ力や本来日本人がDNAとして有する誠実、思いやり、国や他人を愛する優しい心を取り戻すべく企画したものです。

幕末、明治維新の偉人、特に滅私奉公、日本のためにと一命を捧げた多くの尊敬すべき先人の排出に、薩摩の「郷中」教育会津の「什」教育が大きく影響しているという私見を有していることから、一見相反した薩摩と会津の同様の子弟教育手法を吻合、集約させる意味で「郷什」と名付けました。

郷中教育は、大人一人の指導者に教育されるシステムではなく、年長者が年少者を教育するシステムです。

昭和30年代は鹿児島の多くの地方にも残っており、私も経験しました。郷中教育、すなわち高校生は中学生に、中学生は小学生に、小学生は幼稚園児に、それぞれのレベルでの教育を行うシステムです。

約40~50年前は極自然にまた当然のように行われていた家庭、地域、サークル等における躾教育、年長者による年少者の教育が昨今失われていることに現在の殺伐とした社会環境、礼儀・礼節の欠如があると思っています。

私が小学生時代の昭和30年代は鹿児島の各地に残っていた郷中教育、すなわち大人が子供のグループを教育するのではなく、子供たちだけの組織で年長者が年少者を教育するシステムを日本中に復活させなければ、真に自立心、リーダーシップ力のある若者は育たないという確信と憂国心から始めたものです。

同様の教育システムが会津の「什」教育にも見られるため、この2つの教育システムを吻合して「郷什塾」と名付けました。

日本各地の祭り、行事等の自治会、地域ごとのサークルにこの塾の教育方法を適用し、例えば小学1年生は初めてグループに入った幼稚園児に挨拶の仕方を教え、小学高学年は低学年にサークルの技術手法を教え、中学生はサークルの目標達成の計画の作成と実行そしてグループ員の指導、監督にあたります。

大人は第3者、安全監視員的立場でグループの活動に参加します。

最近の若者に欠けている礼儀、倫理観、ビジネスマナーチームワーク、リーダーシップ力の向上を図るためには各地の自治会等で行われている祭り、サークル等の各種行事に年長者が年少者に教え、指導するシステムを構築するのが最も効果的であり、この体制を日本全国に展開するのを郷什塾の最終的な目的としております。

そしてこのプログは「郷什塾」運営資金調達のために始めるネットビジネスのための準備でもあります。

-------------------------------




 ブログランキングに参加しました。良かったらここをクリックしてね!


人気ブログランキングへ

郷什塾は → ここから訪問できます!




フリーエリア

プロフィール

tabigasadochu

Author:tabigasadochu
定年憂国親父は海自現役時代、旅傘道中姿で老人ホームを慰問し歌と寸劇を披露していました。
定年憂国親父のライフワークであるフリーWEB塾「郷什塾」もよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
行進曲「軍艦」百年の航跡
海上自衛隊元東京音楽隊長の瀬戸口藤吉翁と軍艦マーチのライフワークとしての研究成果の集大成
海軍軍楽隊と歩んだ日本の吹奏楽
日本吹奏楽の元祖、瀬戸口藤吉翁の行進曲全集 特に最後の翁の講演録音「音楽と国民精神」「音楽と戦争」には感動します!
タッポーチョ 太平洋の奇跡
サイパン戦を経験した日米両軍人による合作ともいえる名著、    2011年の映画上映に合わせて復刻された玉砕の島サイパンであった 日本軍人の本質が見てとれる感動の戦史話
サイパン戦 大場大尉に関連した本
タッポーチョには劣るがサイパン戦に係わる書籍
大奥<男女逆転>豪華版
フリーWEB塾「郷什塾」
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーWEB塾「郷什塾」


定年憂国親父が本を出版しました。
「人を動かすリーダーの条件」(KKロングセラーズ)
トピックス
1円も使わずにマイルを貯める方法
無料ウェブセミナー
ロリポップレンタルサーバー
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2ショッピングカート(お勧め)
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
1157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
初心者マニュアル
82位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブックマーク
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Flashリバーシ
by mitti0